MUSIC BAR NEWS

サックスプレイとディープ・テックハウスの融合、「SAX ON THE BEAT」開催

post date : 2020/02/08

share :

【SAX ON THE BEAT supported by MOËT CHANDON 】

代々木VILLAGE内に位置するMUSIC BARにて、2020年2月28日(金)に「SAX ON THE BEAT」を開催。MUSIC BARチーフバーテンダーの水口拓也がイベントのために考案したオリジナルカクテルをご用意、サックスとダンスミュージックの融合に身体躍る、特別な一夜となります。

SAX ON THE BEAT
DATE:2020/02/28
21:00〜LATE(DOOR OPEN 18:00)
VENUE:Yoyogi Village MUSIC BAR
FREE ENTRANCE,NO CHARGE,CASH ON
PERFORMANCE:SAXONTHEBEAT
(Marcus Pittman&DJ IBIZA BEAT)

ABOUT SAX ON THE BEAT

SAX ON THE BEAT events stem from the creative vision of Tokyo-based deep/tech-house DJ IbizaBeat and sax extraordinaire Marcus Pittman.

Longtime friends and collaborators, the duo’s sound is deeply rooted in Ibiza’s club culture and after-hours parties. Their sets are energetic, yet deep and organic, perfectly tailored for clubs, rooftop bars and lounges.

SAX ON THE BEAT embodies “La Isla” ethos: no frills, no fuss, no nonsense – just straight up club vibes fused with experimental funk and free-form jazz soundscapes.

SAX ON THE BEATは東京に拠点を置く、ディープ・テックハウスDJ IbizaBeatと並外れたサックスプレーヤーのマーカスピットマンによるクリエイティブな世界観に根差された新たなイベント。

長年の友人・コラボレーターである二人の音楽は、イビサのクラブカルチャーに深く根ざしている。クラブ、屋上バーやラウンジに最適な彼らのセットは、エネルギッシュでもあり、ディープでかつ自由だ。

SAX ON THE BEATは、飾りっ気ない、穏やかで、つまらないことをしない、「ラ・イスラ」の精神を体現している。実験的なファンクとフリーフォームジャズのサウンドスケープと融合したクラブ感を表す